ライフネット生命

  • 見積り
電話でのお問い合わせ

0120-205566

受付時間:平日9時~20時、土日祝9時~18時(年末年始除く)

よくあるご質問

よくあるご質問

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

よく検索されるキーワード

年末調整 「給与所得者の保険料控除申告書」への記載方法|ライフネット生命の場合

給与所得者(会社員や公務員)の場合は、年末調整で生命保険料の控除手続きを行うことができます。当社などの生命保険会社が発行する「生命保険料 控除証明書」を「給与所得者の保険料控除申告書」に添付し、勤務先に提出してください。

保険料控除申告書の記入方法について

ライフネット生命の保険にご加入の場合、以下の記載例を参考に記入のうえ、ご提出ください。

(1) 保険会社等の名称
ライフネット生命保険

(2) 保険等の種類
「証明書」の「保険種類」を記載

(3) 保険期間又は年金支払期間
「証明書」の「保険期間」を記載

(4) 保険等の契約者の氏名
保険契約の契約者の氏名を記載

(5) 保険金の受取人(氏名、あなたとの続柄)
定期死亡保険「かぞくへの保険」の場合は、保険契約の受取人を記載。
終身医療保険「じぶんへの保険3」・「じぶんへの保険3レディース」、「新じぶんへの保険」・「新じぶんへの保険レディース」、「じぶんへの保険」、定期療養保険「じぶんへの保険プラス」(がん・先進医療保障付き)、がん保険「ダブルエール」、就業不能保険「働く人への保険2」・「働く人への保険」の場合は、契約者(被保険者)の氏名を記載
※保険金の受取人名はマイページからご確認いただけます。
マイページはこちら

(6) あなたが本年中に支払った保険料などの金額(分配を受けた剰余金等の控除後の金額)
証明日以降、該当年の12月末日までに払い込みがある場合は、「証明書」の「申告額」を記載 申告額が「* * *」と表示されている場合には、「証明額」欄に表示されている金額で、申告のお手続きを行ってください。
なお、証明書の「申告額」欄に「* * *」が印字されるのは、以下のケースとなります。
・当年の途中で解約した場合
・当年の途中で失効した場合

税制改正により、あらたに「介護医療保険料控除」が創設され、「一般保険料控除」・「介護医療保険料控除」・「個人年金保険料控除」の3つの控除枠による制度に変更されました。
そのため、契約日が2011年12月31日以前の契約(旧制度)と契約日が2012年1月1日以降の契約(新制度)では、生命保険料控除の適用が異なりますのでご注意ください。

※ご契約において、どちらの制度が適用されるかは、控除証明書に記載の「適用制度」[A]をご確認ください。
※「一般の生命保険料」か「介護医療保険料」のどちらに該当するかは、「適用制度」[A]の枠に記載のカッコの中をご覧ください。(一般)もしくは(介護医療)と記載があります。
※その他の保険会社などの契約がある場合は、その証明内容もあわせてご記入ください。
※旧制度の一般の生命保険料において、ご契約1件の年間払込額が9,000円を超えない場合は添付不要です。
※控除額の計算において算出した金額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り上げます。
給与所得者の保険料控除申告書記入例
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask